教育資金の貯め方

教育資金の貯め方

 

お子様の教育にかかる費用は幼稚園からかかり、大学までのおよそ20年間です。
幼稚園から大学まで公立の場合平均して500万円、私立の場合は1700万円程度の費用が必要となってきます。
その費用を貯めるためにはやはりお子様の小さな時から少しずつ貯める方法が一番多いと思います。

ため方としては、

①学資保険などに加入して貯める
②給料から天引きして貯める
③こつこつ貯金をする
④資産運用する

 

①学資保険に加入することによって、月々一定の保険料を支払うことにより、

 貯蓄とはまた別の貯め方をすることができます。

 また返戻率によっては、支払った保険料より多く満期金を受け取ることができます。

 

②給与からの天引きは、財形貯蓄などで、

 毎月自動で引き落としされるので貯め忘れがないといった貯蓄方法です。

 職場に制度があれば利用できますので、一度職場にご確認ください。

 

③こつこつ貯金するのは、貯金が得意な方におすすめです。

 自分のペースで目標額に合わせて貯蓄していくことができるので、

 毎月の貯蓄額を調整することができます。

 また口座振替の自動積立定期などもあります。財形貯蓄が職場にない場合は、

 この方法もいいかもしれません。

 給料日の翌日などに、ある一定の金額が給与から振替られるので、

 振り込みの手間などが省けます。

  

④資産運用は、変額保険などを利用したり、

 株式投資や不動産投資をしたりして資産運用して教育資金を用意する方法です。

 この場合リスクも伴いますので、ご注意ください。

 

学資保険などを選ぶ場合はまず一度来店型ショップやファイナンシャルプランナーにご相談ください。
受け取り方や商品も様々ですので、一番ご家族に合った保険をお選びください。

 

 

 

<<前の記事 学資保険の満期金には税金がかかる?

学資保険、受け取り時期に注意!? 次の記事>>


関連記事

 

 

保険の豆知識 カテゴリ一覧

 

医療保険 教育 保険 老後 損害保険 税金 その他

まずは、お近くの窓口で保険相談を! 相談窓口を探す 保険相談は全て無料です!

ほけんのみらい Facebookページはこちら

『hokenmiraiのブログ』を見る

分からない保険用語は今すぐチェック! 保険の用語集

まずはお電話で保険相談予約を! 保険相談は全て無料です! 無料電話 0120-701-499 当日の相談予約も電話ならOK! 電話受付時間 平日10:00〜19:00

まずは、お近くの窓口で保険相談を! 相談窓口を探す 保険相談は全て無料です!

保険見直しや保険相談でご不安はありませんか?
ほけんのみらいは全国の保険相談を行ったお客様からの生の声をいただき、
本当に自分にあった保険を見つけていただくお手伝いをさせていただきます!
保険相談は何度でも無料でご利用いただけます。
ご自身や家族の安心したみらいのために保険の相談をしてみてはいかがでしょうか。
保険の無料相談なら「ほけんのみらい」全国の来店型保険ショップから保険の相談先を探せます!

保険相談・保険の見直しができる全国の保険ショップが掲載されています。お気軽にご予約ください。インターネットまたはお電話からのご予約を承っております。

TOPへ戻る