鳥インフルエンザってなに?注意すべきこととは

鳥インフルエンザの流行

 

鳥インフルエンザは2016年、お隣の国韓国で流行しています。

H5N6亜型というインフルエンザが流行していて、

農林水産省の報告では、12月21日現在では家きんで確認件数231件、

殺処分されたのは399農場、2021万羽とされています。

 

鳥インフルエンザは日本では今まで鳥から人間に感染した例は報告されていません。

ただ、今年青森県2件、新潟県2件、北海道1件、宮城県1件の家きんのインフルエンザ感染が確認されました。

野鳥でいうと全国でみられています。

(→農林水産省参照ページ )

 

 

鳥インフルエンザは注意するべき?

 

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザが肉または卵を摂取することで感染するといといった例は世界的にも報告されていません。

 

しかし、注意しなくてはならないのは、鳥インフルエンザに感染した鳥の死骸などを触ったりすることです。

 

湖などで鳥の死骸を見つけても近寄らないように気をつけましょう。

万が一触ってしまった場合にはよく手洗いをしましょう。

 

もう一つ注意したいことは、海外への渡航です。

特に東南アジアに渡航される際は、注意が必要です。

 

海外では鳥インフルエンザが人間へ感染した例が報告されているのです。

 

これはどのように感染してしまったかというと、鳥インフルエンザに感染した鳥の羽をむしったり、解体したり、

感染した鳥の世話をしたりと、直接接触してしまったことにより、感染してしまったと報告されています。

 

これ以外には、感染した鳥を生のままで食したりすることで感染する可能性があるとされています。

 

海外へ渡航される際はできる限り鳥の解体しているところには近づかないようにしましょう。

 

 

 

鶏肉や卵は食べても大丈夫?

鶏肉や卵を食べる分には感染しません。

というのは、日本における鶏肉や卵は感染した鳥や同じ農場で育てている鳥は殺処分されるため、

市場に出回ることがないのです。

それでも心配!という方は必ず調理して食べるようにしましょう。

 

まずはお散歩をしていて小さな子供が鳥の死骸に触れてしまうことを注意しましょう。

 

 

<<前の記事 夏に流行する病気〜プール熱〜

がん保険、加入時に注意したいこと 次の記事>>


関連記事

 

 

保険の豆知識 カテゴリ一覧

 

医療保険 教育 保険 老後 損害保険 税金 その他

まずは、お近くの窓口で保険相談を! 相談窓口を探す 保険相談は全て無料です!

ほけんのみらい Facebookページはこちら

『hokenmiraiのブログ』を見る

分からない保険用語は今すぐチェック! 保険の用語集

まずはお電話で保険相談予約を! 保険相談は全て無料です! 無料電話 0120-701-499 当日の相談予約も電話ならOK! 電話受付時間 平日10:00〜19:00

まずは、お近くの窓口で保険相談を! 相談窓口を探す 保険相談は全て無料です!

保険見直しや保険相談でご不安はありませんか?
ほけんのみらいは全国の保険相談を行ったお客様からの生の声をいただき、
本当に自分にあった保険を見つけていただくお手伝いをさせていただきます!
保険相談は何度でも無料でご利用いただけます。
ご自身や家族の安心したみらいのために保険の相談をしてみてはいかがでしょうか。
保険の無料相談なら「ほけんのみらい」全国の来店型保険ショップから保険の相談先を探せます!

保険相談・保険の見直しができる全国の保険ショップが掲載されています。お気軽にご予約ください。インターネットまたはお電話からのご予約を承っております。

TOPへ戻る